不動産の査定って何で値段が決まるの?

不動産査定をする場合、まったく同じ不動産というのは存在しないので金額をつけるのが難しいです。ではどのような基準で査定を行っているのでしょうか? - 担当者に左右されることを忘れずに

担当者に左右されることを忘れずに

仲介として不動産会社に依頼することになりますが、その担当者が悪ければ、売却予定の不動産も報われない結果になります。高く売りたいのであれば優良な不動産会社は欠かせません。担当者次第でどうにでもなることを売主は忘れないようにしましょう。

ただ売るだけではダメ

不動産の情報がまとめられているネットワークのレインズや、不動産会社独自の広告を出すことで買主が現れるも多いです。ただそれらの行動というのは、ただ売るだけになります。売却価格に満足しなければ意味がありません。仲介も一般から専属仲介など種類があり、不動産ネットワークの登録が義務になるなど、売却を優位に進める方法もあります。
そのようなシステムを最初から説明してくれる不動産会社が優良であることは言うまでもありません。わかりやすく、売却に満足できる方向性を示してくれる担当者こそが、適任者になります。

販売戦略を聞いてみよう

担当者の販売戦略を知るのも良い方法です。売却予定の物件をどんなに人に買い取ってもらえるのか?を質問するだけでも、担当者の戦略を知ることができます。そのような戦略から不動産会社を選ぶのも良い方法になるでしょう。不動産売却は査定から始まりますが、そこから選ぶべき不動産会社がわかります。査定の時期から有効的に仲介役の選別をしていきましょう。

査定から始める不動産売却

大手や地域密着型、小規模の不動産会社などさまざまあります。不動産ネットワークがあることで、その違いは顕著に表れなくなりました。大切なことは不動産会社と担当者の質になります。売却予定の物件にどのくらい熱を帯びて対応してもらえるのかも大切です。その辺もよく観察してから、仲介する不動産会社を決めてください。

関連する記事

  « 前の記事: を読む  
△PAGE TOP

Copyright(C)2017 不動産の査定って何で値段が決まるの? All Rights Reserved.