不動産の査定って何で値段が決まるの?

不動産査定をする場合、まったく同じ不動産というのは存在しないので金額をつけるのが難しいです。ではどのような基準で査定を行っているのでしょうか? - 不動産売却に対して熱意を求める

不動産売却に対して熱意を求める

不動産に対して思い入れもあるでしょう。居住していたのであれば、なおさらその想いは強くなるはずです。そんな不動産を売却することになりますので、やはり熱い営業マンに仲介を担当を求めましょう。その熱意こそが売却価格を上げることに繋がります。

なぜ熱意を求めるのか?

どのくらいの意気込みがあって不動産売却に挑むのかにより、価格が変わってきます。たとえば広告を打つだけと、顧客に売り込んだりする営業マン。どちらが価格が高くなるのかはわかりますよね。明らかに後者になります。しかしただ熱いだけでは困ります。確かな営業戦略があってこその営業になりますので、それも同時に求めるようにしましょう。
「どんな人に売りたいのか?またどんな人が対象物件を購入しようとしているのか?」このくらいは質問して、熱く語らせてみてください。その語りによって選ぶべき営業マンであるのかどうかがわかるはずです。

いろんな不動産会社がある

不誠実な不動産会社にだけは仲介を依頼しないようにしましょう。不動産情報を共有できるネットワークがありますが、それに登録するだけといった会社もあります。自社で広告を出すのは面倒で費用も掛かるから、顧客に宣伝するなど曖昧にして、売却が遅れるようなことがあります。不動産会社それぞれに得意な物件があり、それに合った会社に依頼するのは当然ですが、どんな戦略で売却に臨むのかくらいは認知しておきましょう。

担当者が良ければ結果も良い

不動産売却で確かなことがあります。それは不動産会社や担当者が確かであれば、売却価格も満足するレベルに付いてくることです。高く売りたいのであれば、仲介する人が良くなければいけません。決してその選択を怠らないようにしましょう。

関連する記事

△PAGE TOP

Copyright(C)2017 不動産の査定って何で値段が決まるの? All Rights Reserved.